コンタクトレンズ

レーシックは保険がきくの?

レーシック手術を受けるためにはある程度まとまったお金が必要となります。
そこで医療保険の適用範囲なのかは、貴方が今現在加入をしている保険の種類により異なっています。
予め貴方が加入をしている保険の内容を、きちんと確認することが大切です。

自分ではなかなか判断をすることが出来ない場合には、直接保険会社に電話やメールなどで問い合わせをしてみると良いでしょう。
保険会社へ実際に問い合わせをしようと考えているのでしたら、「レーシック手術」という言葉は使用しないで、レーシック手術には正式名称があり、「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えた方が良いかもしれません。
一般的に視力を矯正することの出来るレーシック治療というのは、自由診療となりますので、国民健康保険は適用対象外となります。

このことから、レーシック手術費用というのは年々割安になってきているとは言いましても、平均で10~30万円程度必要となってきます。
この費用で悩んでしまい、実際にレーシック手術を受けようか迷ってしまっている人も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
しかしレーシック手術というのは健康保険は確かに適用されることはありませんが、医療保険である「手術給付金」の場合には適用されることがあります。

この医療保険というのは、病気やケガをしてしまった際に入院や手術などにかかってくる費用が保障される保険契約となります。
もし今現在の貴方の視力異常によって、日常生活に多大なる支障を与えてしまうものだったり、また健康を害してしまう可能性が考えられる場合には、その視力異常というのは「病気やケガ」として認められることになり、手術給付金を受けることが出来る可能性もあります。
ただし医療保険を請求する時には、医師による診断書が必要となってきますので、まずは病院へ足を運んで実際に診察を受け、診断書を作成してもらうことから保険料受給はスタートすることになります。
ちなみに診断書を発行してもらうためには数千円~1万円程度の手数料が必要となりますので覚えておきましょう。

▼こちらのサイトではレーシックについて知っておきたい事が沢山掲載されています。
是非ご覧ください。

このページの先頭へ