コンタクトレンズ

レーシックに保障などあるの?

レーシックを受けることによって、多くの場合ではレーシックの保証期間が定められています。
その理由についてですが、レーシックを受けて成功をしたとしても、約3%の方には、視力が手術前と同様程度に戻ってしまう可能性があるからです。
この数値に関しましては、ほとんどのクリニックにおいて共通している事実であり、このことから保障期間を設けているワケです。
またレーシックのメリットとデメリットについての記事についても是非ご覧ください。

レーシックには事前検査により手術が受けられないこともありますので、あらかじめ確認後、この保障される期間の長さにつきましては、クリニックや手術プランにより異なりますので予め確認をしていくようにしましょう。
多くの場合は、手術費用が高く設定されているプランでは保障期間が長く設けられており、逆に手術費用の安いプランでは、保障期間が短くなっている傾向にあります。
またレーシックの最安値として中には10万円を切っているクリニックも存在しているようです。

この場合、最もシンプルな手術プランですと、設けられている保障期間というのは1年間とされているものが多く、最も長い場合には生涯保障をしてくれるといった保障期間があるようです。
しかしデータによりますと、視力が術前と同じ程度にまで戻ってしまう場合には、そのほとんどにおいて手術の1年以内に引き起こしているようです。
また保障期間が手厚くなる手術プランというのは、その保障料金に関しても手術料金に含まれていることになりますので、さらに高額となってしまうのです。

ただ視力が元に戻ってしまうことになるリスクが全体の3%、さらに1年以内に起こってしまうことが多いのでしたら、考え方によっては、あまりにも手厚過ぎる保障というのは無駄になってしまうかもしれません。
日本人というのは、世界的に見て最も保険へ加入をしている人が多いというデータがありますが、そのことからもわかるように、安全安心というのは国民性的に大好きな傾向にあるようです。
とは言いましても、不必要な保障を購入するのは完全に無駄金になってしまいますので、過去のデータなどを参考にして、妥当なプランを選ぶことが大切です。
また、よく耳にするレーシック難民とは気になりますね。詳しくはこちらhttp://www.bardtix.org/refugee.html
▼もっと詳しくレーシックについて知りたい方にこちらのサイトもおススメします。

このページの先頭へ