コンタクトレンズ

レーシックは近視でも大丈夫?

レーシックというのは、近視や乱視、また老眼などに対しとっても有効な治療方法となりますが、手術をしてもらうためには事前に行われる適性検査をパスする必要があります。
その検査の結果によってはレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。
さて細かくレーシック手術についてご説明させていただきますが、角膜の厚さというのは約530ミクロンとなっています。

そこでレーシックによってフラップを作成させるためには、約150ミクロンといった少量の角膜をカットする必要が出てきますので、差し引きで約380ミクロン程度の角膜ベッドが眼球に残っている計算にとなります。
眼球に残っている角膜というのは「ベッド」と呼んでいますが、このベッドがこれに対して薄くなってしまいますと眼圧に耐えることが出来ずに、レーシック術後に近視へと逆戻りしてしまうケースもあります。
しかし、強度の近視の場合では、角膜を150ミクロン以上カットしなければ、レンズの屈折を上手に調整させることが出来ないのです。

このことから、視力が0.01以下となる強度の近視というのは、レーシックによっての矯正をすることが困難となります。
しかしレーシックも徐々に進化してきており、最新のエピレーシックといった手術方法では、これまで手術をすることが不可能と言われていた強度な近視の治療というのが出来ることもあります。
これは実際に検査をしてみなければわかりませんので、まずは医療機関で担当医に相談をして、納得するまで説明を受けるようにしてください。

ちなみにレーシックというのは、一般的に成人を迎えるまでは受けない方が良いと言われています。
この理由というのは、20歳までの身体というのはまだ成長段階となっており、これは眼球に関しても例外では無いのです。
その結果レーシックをしたとしても、そのまま近視がさらに進行してしまう可能性も考えられるからです。
クリニックによっては17歳以上からレーシックを受けることが出来るところもありますが、実際に受ける際にはきちんと話を聞くようにしましょう。
▼レーシックについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ