コンタクトレンズ

レーシックとコンタクトレンズの比較

今現在、コンタクトレンズを使って生活をしている人はここ日本だけでも1000万人を越えているとも言われているほど普及しています。
視力矯正をする方法としましては、メガネとこのコンタクトレンズは最も主流と言えます。
貴方の友人や家族、同僚などにもコンタクトレンズを使用している方がいらっしゃるかと思いますし、もしかしたら自分自身が使用しているかもしれませんね。

このようにまさに身近なアイテムとなったコンタクトレンズなのですが、実は利用するのにもリスクを伴うのです。
これほどまでに大勢の人が使用しているのですから100%安全と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、どんなことであれ世の中に100%安全なんてものは存在しません。
その証拠として、一年で約150万件というコンタクトレンズが原因となって目のトラブルを引き起こしているのです。

そもそもコンタクトレンズというのはhttp://www.bttralhos.com/konta.htmlにも書いてあるように目の中へ直接入れることになりますので、それはいわゆる異物を入れてしまっているのと何ら変わりはありません。
このことから使用方法をしっかりと厳守することはもちろん、毎日お手入れをきちんとするのを怠ってしまいますと、当然のことながらトラブルを起こしてしまうことになるのです。
最も気をつけなければいけないのが、コンタクトレンズのケアとなります。
こちらのレーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴についての記事も参考になるかと思います。

毎日行うケアが面倒になってしまい、ついついサボったことがあるという方は結構いますが、これは明らかに眼の病気を起こしてしまう大きな原因なのです。
その病気を放っておいてしまうと、最悪のケースで失明をしてしまうことだって考えられるのです。
さらにコンタクトレンズというのはただ単に使用をしているだけだったとしても目に大きな負担をかけてしまっているのです。
そう考えますと、一度の手術で視力を回復することの出来るレーシックはコンタクトレンズを使用するよりも安全性が非常に高い方法ということになります。
もちろんレーシックで失明をしたという事故例もありませんので安心して受けることが出来ます。
レーシックで世界が変わるのです。

▼これらのサイトもおすすめです。



このページの先頭へ