コンタクトレンズ

レーシックは何歳からできる?

現在におきましてはレーシック手術を受けることの出来る適応年齢というのは、http://www.daremoshiranai.com/knowledge.htmlにも書いてあるように概ね18歳から60歳までとほとんどのクリニックで説明があります。
ただし18歳以上だったとしましても自己判断でレーシックを受けることは出来なく、未成年の場合には保護者に承諾をしてもらう必要がありますのでご注意ください。
ただし特別な場合があります。

例えば競馬の騎手や競艇の選手、また自衛隊生徒などといった職種の方の視力で必要となる試験をこれから受けることになる18歳未満の方、また高齢の方だったとしても適応検査において眼に問題が見つからなければレーシック手術を受けることが出来るケースもあります。
若い年齢の方にレーシック手術を受けることを控える理由というのは、もちろん体の発育が完全には終わっていないために、手術を受けた後に近視が進行してしまう可能性が考えられるからです。
またレーシックは18歳を超えるまでは、基本的に受けることが出来ない決まりになっています。

これにはレーシック手術を受けることによって視力回復を見込めりことの出来る条件を完全に満たしているかどうかということが必要なのです。
レーシックを受けることが可能となる条件としまして、角膜の厚みなどといったいくつか挙げることが出来ますが、これは年齢的なものもその一つの要因として挙げることが出来るのです。
もし貴方が「子供でもレーシックを受けることが出来ますか?」と医師に相談をすると、レーシック手術を受けるためには、ある程度の眼の視力が確立するまでの間は手術を受けることが出来ませんので「もう少し様子を見てから再度検査をしてみましょう」などと断られてしまうことでしょう。
子供というのは眼球に関しても日々成長をしているものですし、近視や乱視がさらに進行してしまう可能性も考えられることから、基本的にはレーシック手術を受けることが出来ないのです。
レーシックを受けることが出来るようになるまでは、メガネやコンタクトレンズを使うことがベターなのです。
▼レーシックの気になる疑問についての記事も沢山のっていますのでこちらも是非ご覧ください。

このページの先頭へ