コンタクトレンズ

レーシックで老眼は治療できる?

レーシックカムラと呼ばれているレーシック手術がありますが、これは老眼だけに限ったことではなく、近視、遠視、乱視などといった場合でも治療をすることを可能にした今注目されている治療法となります。
このレーシックカムラの治療方法というのは「カムラインレー」と呼ばれている非常に小さなレンズを使って角膜内に挿入していきます。
カムラインレーというのは直径3.8ミリで薄さは5ミクロン程度となります。

この大きさはコンタクトレンズと比較をしても非常にコンパクトとなっているサイズです。
真ん中にとても小さな穴が開いているリング状の構造であり、この構造が生み出すピンホール効果によって、近くに存在する物体を見ることが出来るようになります。
またリングの表面に6000個以上にものぼる非常に小さな穴が無数に開いているのです。

これはリングを角膜内に装着した時に、角膜表面から発生をしてしまう酸素や水分などといったものの循環を停滞させないための設計となっているのです。
当然のことですが、カムラインレーを挿入したとしても、その後に付け心地や見た目共に違和感を覚えることは一切ありません。
ですので、今まで通りに普通の生活を送ることが出来るようになります。

再度手術をすることによって、一度装着をしたカムラインレーを取り外すことも可能となっています。
また、近くの物を見ることが出来るようになるだけではなく、鮮明に遠くの物も見ることが出来るようになるのです。
元々視力が弱い場合には、これまでのレーシック治療と一緒に受けることによって、さらに効果を期待することが出来ます。
レーシックで老眼治療をした方の体験談こちらも参考になります。

http://www.hburgpc.org/rougannnotiryou.htmlにも書いてあるようにこれまでに行われてきている老眼治療というのは、左右の目の見え方が異なってしまうことがあり、体質により大きな負担になってしまうこともあったのですが、レーシックカムラでしたら、その点も問題ありません。
また術後におけるアフターケアや通院が必要となってくるケースもありますので、費用としては一般的なレーシック治療と比較をしてやや相場が高い傾向にあります。
このことから時間や費用面をきちんと調査し、無理することの無いプランを選ぶようにしましょう。
また、レーシック手術は保険適用されるのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.gomusiclyrics.com/hokenntekiyou.html
▼もっとレーシックについて詳しく知りたい方はこれらのサイトをご覧ください。





このページの先頭へ