コンタクトレンズ

レーシックを受けて視力が悪くなったりしない?

毎日、メガネやコンタクトレンズなどを使用して生活をしている人というのは、裸眼で生活することが出来るようになるレーシック手術のことについて、一度は気になったことがあるのではないでしょうか?少し前まではかなり高額が必要であったレーシック手術の費用についても、今では最新機器を使用したとしても、多くのクリニックで20万円以下で受けることが出来るようになり、補助機器からレーシックに切り替えている方が増えてきているのです。
その一方ではhttp://www.huckabees.jp/gimonn.htmlにも書いてあるように「レーシック手術をすることで視力はどの程度になるのか?失明をしてしまうリスクは少しでも考えられるのか?後遺症を引き起こし、眩しさや乱視になってしまうのか?」などといったネガティブなイメージをしてしまい、現段階でもレーシックに踏み切ることの出来ない方が多くいらっしゃるようです。
レーシックを受けた後に視力が低下してしまったり、また後遺症が残ってしまうというリスクには、誤解があるのかもしれません。
レーシックの保険適用と金額について詳しく知りたい方はhttp://icompile.info/hok.htmlをご覧ください。

確かにかなり安価で受けることが出来たり、また評判があまりよろしくない眼科でレーシックを受けるのは避ける必要がありますし、従来のレーシックにおいては一時的に視力が回復した後に、急激に視力は落ちてしまうといった事例もあったのですが、現在の大手クリニックや病院などの調査によると、その数は0件なのです。
またレーシックを受けた後に「数年間経過することによって視力が次第に低下してくる」というのはレーシックではよくあることです。
その理由としては、レーシックというのは永久的な視力回復を保証していないからなのです。
では、レーシックによる目が見える仕組みとはどうなっているのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.historicalpreservation.org/mega.html
レーシックを受けて視力を回復することに成功したとしても、視力が低下してしまった原因がわからないことから、時間の経過と共に視力が低下してきてしまうのは十分に考えられることです。
ただし、レーシックが原因で失明をしてしまったという報告は世界中に一件もありますのでご安心ください。
また気になるレーシック手術後の痛みについて詳しくはこちらhttp://www.ittm.org/hurt.html
▼これらのサイトにはレーシック手術のポイントについて等詳しく書いてあります。
是非ご覧ください。



このページの先頭へ