コンタクトレンズ

レーシックを受けて悪かったこと

レーシック手術をした後に、最も多く引き起こす可能性のある合併症としてはレーシックによるドライアイが挙げられます。
このドライアイがレーシックを受けてちょっと嫌な気分になったという人がいるようです。
そもそもレーシック手術というのは、フラップ作成をする時に角膜表面の少量をレーザーを使用してカットすることになりますが、この時に角膜を通っている神経の一部も一緒に切断してしまうことになります。

このことから、フラップの切断面が完全に修復されるまでの少し間ですが涙を流すための機能の作用が鈍くなってしまい、ドライアイを発症してしまうことがあるのです。
その多くはレーシック術後の3ヶ月間の間で発症することになりますが、人工涙液の点眼をすることによって治療が出来ます。
その他にも、レーシックの手術後に使うことになる感染症を抑えることの出来る点眼薬により、涙の分泌量が少なくなってしまい、ドライアイを引き起こしてしまうことがあります。
またより詳しくレーシックによるリスクについて知りたい方はこちらhttp://tppwatch.org/risuku.htmlをご覧ください。

レーシック後のドライアイ体験談にも書いてあるように、ドライアイというのは、涙成分が含まれている点眼薬や軟膏を使うことによって、1~3ヶ月程度で治りますのでそこまで心配する必要はありません。
またレーシック手術後に起こってしまう症状としまして、レーザーを使用して角膜を削り平らにすることによって近視などを矯正することになりますので、レーザーを照射した部分、そして照射をしていない部分で光りの乱
屈折を起こしてしまい、夜間になると、光がにじんで見えてしまう「ハロー現象」、そして逆に光がまぶしく感じてしまう「グレア現象」などといった合併症を引き起こすことがたまにあります。
これら様々な後遺症というのは、レーシック手術においてごく当たり前の症状であり、心配をする必要はありませんが、このような体験を聞いた人が、レーシックを受けるのをためらっている1つの要因となっていることは確かです。
悪いことではありませんが、これらを引き起こす可能性があることに納得した上で、レーシックを受けるようにしましょう。
レーシックはよる被害者が増大しているという話を聞きます。真相についてはこちらhttp://www.viewnet.jp/onsen/higaisya.html
▼知っておきたいレーシックの知識。こちらも大変参考になるかと思います。

このページの先頭へ